前へ
次へ

事故物件に関する注意点はなにか

事故物件と呼ばれる物件があります。
その物件で孤独死をしたり、異常死をしてしまった物件が該当をします。
次の人が入居をする場合、事故物件だという告知は必要ですが、その次の人には告知をする必要がないと言われています。
事故物件に住みたくはないと考えている人は多いですが、告知されなかったのでまさか事故物件だとは考えていなかった、という人もいます。
不動産業者に確認をするのも良いですが、事故物件の場合には家賃が相場よりも低く設定されていることが多いです。
告知をせずに相場と同等の家賃にしてしまう業者もあるので、注意をする必要があります。
前の入居者がすぐに退去をしてしまった場合、何か不都合なことが起きているということもあります。
清掃をしてもなんとなく気味が悪いということもあるので、もしも事故物件だということを告知せずに借りて、不都合なことが起きているのであれば、不動産業者に問い合わせをしてみるのもよいでしょう。

Page Top